USDA認定オーガニック

Lariese-USDA-Seal

USDA(United States Department of Agriculture)認定オーガニックとは?

米国農務省傘下の全米オーガニックプログラム(NOP:National Organic Program)認定機関。

オーガニックの表記は、オーガニック原料の含有率により3種類に区分されています。容器包装には、以下のように表示されます。 ( NOP Organic Labeling and Marketing Informationより)

  • 「100%Organic」100%オーガニック原料の製品(USDAオーガニックマークを貼付可)
  • 「Organic」95%以上オーガニック原料の製品(USDAオーガニックマークを貼付可)
  • 「Made with Organic ingredients」70%以上オーガニック原料の製品(USDAオーガニックマークを貼付は不可)
  • 「Less than 70% Organic」有機原材料が70%未満。原材料表示の原材料名に
    「Organic」と記載可能。(USDAオーガニックマークを貼付は不可) 」

上記の通り、USDAオーガニックのマークを使用できるのは、1と2、つまり95%以上オーガニック素材を使用した場合のみです。オーガニック含有量が70%以下の場合は、容器包装にオーガニックと記載することはできませんが、成分表内にオーガニック原料名を記載することはできます。

具体的には以下のような内容があげられます。

  • 「米国使用認可合成物質および使用禁止自然物質リスト」に従った原材料および加工原料を使用すること。
  • 有機農場が認可されるのには、最後の禁止物質使用から3年を経ていなければならない。
  • 有機生産には、遺伝子組み換え作物、放射線照射、下水汚泥肥料の使用を禁止。
  • 更新と検証は毎年必要。
  • 生産農家は、毎年レポートを提出すること。
  • 検査官は政府から認証されていること。

等を定めています。